ゲームオーバーではありません。ガメオベラです。 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

【SFC】ファイナルファンタジーⅤ【ゲームレビュー】

 
shenmu_pac.jpg     発売日:1992年12月6日
    開発・発売元:スクウェア
    価格:9800円
    実売参考価格(駿河屋):300円
    ジャンル:RPG
スーパーファミコン
1PLAYER
ROMカセット バッテリーバックアップ

ファイナルファンタジーのシリーズ5作目。
この作品からアクティブタイムバトルの次回行動までの待ち時間が
メーターで表示されるようになった。
これの存在によって戦闘の臨場感と戦略性が前作より増している。
FF3から受け継がれたジョブシステムと
新たに加わったアビリティシステムは新たな戦略性を確立している。



評価:90点


アクティブタイムバトルに

メーターが付いて分かりやすくなった。











評価:90点


前作(FF4)よりグラフィックが進化。

エンディングは

SFC3作品の中で一番好き。









評価:90点


アビリティシステムの追加で

ゲームの幅が広がっている。











評価:90点


ジョブが最終的にほぼ固定になる。

もう少しジョブが生きていれば・・・。







スポンサーサイト
 
 

【SFC】ファイナルファンタジーⅥ【ゲームレビュー】

 
shenmu_pac.jpg     発売日:1994年4月2日
    開発・発売元:スクウェア
    価格:11400円
    実売参考価格(駿河屋):130円(箱説なし)
    ジャンル:RPG
スーパーファミコン
1~2PLAYER
ROMカセット バッテリーバックアップ

ファイナルファンタジーのシリーズ6作目。
グラフィックは移動時のキャラが大きく見やすくなった。
ゲームシステムは前作(FF5)のアビリティシステムから大きく変更され
魔石(召還獣)を装備することで魔法を覚えていく。
魔法以外のアビリティはキャラ固有。



評価:90点


ストーリーは良い感じ。

ゲームバランスは悪い。











評価:90点


取り返しのつかないイベントがある。

魔石システムのおかげで

魔法は覚えやすい。









評価:85点


ゲームのシステムの

目新しさは感じられない。

FF4ほどの

理不尽さは感じられない。







評価:90点


分岐間違えて

仲間コンプ出来なかった・・・orz







 
 

【SFC】ファイナルファンタジーⅣ【ゲームレビュー】

 
shenmu_pac.jpg     発売日:1991年7月19日
    開発・発売元:スクウェア
    価格:8800円
    実売参考価格(駿河屋):250円(箱説なし)
    ジャンル:RPG
スーパーファミコン
1PLAYER
ROMカセット バッテリーバックアップ

ファイナルファンタジーのシリーズ4作目。
スーパーファミコン版で発売された初のFFナンバリングタイトルである。
発売当時は難易度が高く挫折する人が多かったらしく
RPG初心者には敷居が高くイージータイプが発売された異色作である。



評価:85点


後半のゲームバランスが悪い。

いきなり強い雑魚的。











評価:90点


仲間の入れ替わりが激しく

感情移入できない。











評価:85点


アクティブタイムバトルの実装により

戦闘の臨場感がアップしている。











評価:90点


FCからのグラフィックの進化は

あまり感じられない。







 
 

【SFC】超魔界村【ゲームレビュー】

 
shenmu_pac.jpg     発売日:1991年10月4日
    開発・発売元:カプコン
    価格:8500円
    実売参考価格(駿河屋):4140円
    ジャンル:アクション
スーパーファミコン
1PLAYER
ROMカセット

大魔界村の続編で魔界村シリーズの3作目。
アーケードからの移植では無くスーパーファミコンオリジナル作品。
横スクロールのアクションゲーム。
武器と魔法を駆使して面クリアを目指す。



評価:85点


アスレチックな面が増えた。

武器選択が鍵。











評価:90点


魔界村シリーズの中では

難易度が低い方。











評価:85点


定番の2週目が本番。

慣れてくると楽しさ倍増。











評価:90点


宿敵レッドアリーマー・・・。

ぐぬぬ・・・。

てか・・・プリンセス・・・

何回さらわれるねん・・・。



 
 

【SFC】ドラゴンクエストVI 幻の大地【ゲームレビュー】

 
shenmu_pac.jpg     発売日:1995年12月9日
    開発・発売元:エニックス
    価格:11400円
    実売参考価格(駿河屋):95円(箱説なし)
    ジャンル:RPG
スーパーファミコン
1PLAYER
ROMカセット バッテリーバックアップ

ドラゴンクエストシリーズの6作目。。
主人公達が現実世界と夢の世界(精神世界)を旅するストーリー。
ゲームはいきなり最終決戦かと思わせる展開から始まる。
しかしそれは終わりではなく旅の始まりに過ぎなかった。



評価:90点


目新しさはないが楽しめる。

流石ドラクエと思える1本。











評価:95点


ストレスを感じさせない作り。

ストーリーも良い感じ。











評価:90点


いきなりクライマックスw

ボスが小物だったって言う

ありがちな展開。









評価:90点


システム的に完成された作品。

ストーリーは微妙かな・・・。







 
 

広告スペース

 

 
 
カテゴリ
 
 
最新コメント
 
 
最新記事
 
 
広告
 
 
 
プロフィール
 

ハートマン運送

Author:ハートマン運送

 
プレイヤーズサイトリンク
 

□■相互リンク■□


自滅Blog。【'A`】

管理人:ももじさん

-------------------------

スズメの丸焼き

管理人:スズメ隊長さん

-------------------------

GIRUの鉄鬼日記

管理人:GIRUさん

-------------------------

剣神劇団オフィシャルサイト

管理人:鬼アフロさん

-------------------------

 
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
ゲーム
7579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
1205位
アクセスランキングを見る>>
 
広告
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。